ブログ

BLOG

奈良のエコリフォームに5重ガラスと樹脂枠による熱貫流率0.55の高性能窓は如何ですか?

LIXILから熱貫流率0.55W/m2・Kを実現する新しい高性能窓レガリス」を発売しています。

高性能5層ガラスを採用することで壁並みの断熱性能を実現しています。
専用の5層ガラスは2mmと1.3mmの特殊な薄板ガラスを組み合わせることで、重量を一般的なトリプルガラス同等以下に抑えています。
異なるLow-Eガラスを組み合わせることで透明性を確保しながら、ガラス単体の熱貫流率も0.34W/m2・Kと高い性能を実現しました。
フレーム部分は見付寸法を約10%細くしたうえで、熱の移動を遮る中空層を障子部分で2つから7つに増やし、窓枠部分でも3つから4に増やした。全部で11ある中空層のうち5つに断熱材を充填することで断熱性を確保。

レガリスの断面。青い四角の縁取りがある部分は断熱材を充填窓台は同社の既存窓製品「エルスターX」や「サーモスX」と共通で、躯体掛かり寸法は36mm。
品種は縦すべり出し窓、横すべり出し窓、開き窓、FIX窓、テラスドア、勝手口ドア。
受注生産。
製品価格は縦すべり出し窓・アングル無枠の5層ガラス(サイズ:幅640mm高さ1170mm)の場合で税別定価35万円。