ブログ

BLOG

バリアフリー住宅向けドア製品の品揃えをご紹介します

大建工業製高齢者住宅・施設向け建材の「おもいやりシリーズ」に、低コストで車椅子使用者にも介助者にも使いやすい「錠一体にぎりバー」といったドア製品のラインアップです。

車いすでもスムーズに通過できる「おもいやりドア吊戸」、施設の事務所に適した「おもいやりドア片開き」のドア枠に、不燃面材枠を追加する。
現場での塗装工程が不要で、木目調デザインシートで表面化粧仕上げをしているため扉とのコーディネートがしやすい。
定価は28万8000円〜。
「錠一体にぎりバー」は、カマ錠をにぎりバーの中央部に組み込むことで、カマ錠とにぎり部分の使い勝手を向上。
車いす使用者、介助者双方の負担を軽減します。
3色有り、定価は3万5000円/本。

デザインの選択肢が限られる高齢者施設向けのドアにおいて、丸い小窓で遊び心を演出しながら、窓の数、配置を居室ごとに変えて認識性を高められる「丸窓デザイン」、扉の戸先側を6種類の木目柄から選択できる「2トーンデザイン」など10デザイン(各6柄)が加わった。4万9000円/本(2トーンデザイン、Nデザイン)が有ります。