ブログ

BLOG

奈良のトイレリフォーム 「トイレを応接間に」するタンクレストイレ「SATIS」がフルモデルチェンジしています。

LIXILから発売の住宅用タンクレストイレ「SATIS」をフルモデルチェンジし、トイレ空間の“汚れ”や“ニオイ”を防ぐ新機能を搭載して発売しています。

商品のコンセプトは「サイズでは世界最小で、満足(Satisfacton)が最大のこだわり」そうです。
新商品では、さらに「トイレを応接間に」をコンセプトに快適さを追求し、ユーザーニーズの最も高い「清掃性」の向上へ、新たな機能を搭載。

商品は右がGタイプ、左がSタイプ。
新「SATIS」では、“汚れ”を防ぐ技術として、トイレ鉢内の汚物汚れ、水アカ汚れ、キズ汚れ、細菌汚れの4つの汚れすべてに応えることができる衛生陶器「アクアセラミック」を初めて標準搭載。

陶器表面の特殊な構造により「水アカ」が付着せず、日常の簡単な手入れだけで、新品の時の輝きが100年以上続くことが期待できるそうです。

3つの吐水口を配置し、少ない水で効率的に鉢内を強力に洗浄する「パワーストリーム洗浄」も標準搭載。
“ニオイ”を防ぐ技術では、エアカーテンの技術を応用し、使用時に発生するニオイを鉢内でガードする 「エアシールド脱臭」を搭載するほか、男性立ち小用時の尿の飛び跳ねを防ぐため、 便座を持ち上げると作動する「泡クッション」も採用しています。

「泡クッション」は、溜水面に水、洗剤、空気の混合比を最適に計算した泡を敷き詰めるもので、便器外への尿の飛び跳ねを90%以上低減

鉢内のニオイの原因菌プラズマクラスター機能で除菌する「鉢内除菌」、設定時間に便フタが自動で開き消臭を行う「ルームリフレ」機能も備えています。
デザイン面では、スクエア形状により「上品」「ゆったり」な空間を表現する「Gタイプ」と、 シンプルなデザインでスマートな空間を演出する「Sタイプ」の2種類が有ります。
清掃性の向上に伴う家事軽減や「壁リモコン」の操作性向上などにより、高齢化社会での対応も視野に入れています。